北九州市平尾台にある千仏鍾乳洞

北九州市の南の端に平尾台という山があるのは知ってますか?

平尾台は石灰岩でできたカルスト台地で、山口県の秋吉台に次ぐ、カルスト台地の名所です。秋吉台は天然記念物になってますが、平尾台は残念ながら天然記念物ではありません。

でも、そこには鍾乳洞がいくつかあり、その中の一つ千仏鍾乳洞は国指定天然記念物に指定されています。その長さは、なんと1km近くもあります。

最初の400mほどは普通に歩くことができますが、その先の「奥の細道」からは、浅い水の中を歩いていきます。

え、水の中を歩かなければいけないの?
と心配される方もいるかと思いますが、大丈夫ですよ。入り口にはサンダルが用意してあり、無料で借りることができます。

水の中をじゃぶじゃぶと入っていくので、本当に洞窟体験をしているようですごく楽しいですよ。ただ、冬の時期は水が冷たくて足が痛くなるかもしれません。

さらに、千仏鍾乳洞まで行く道中の景色は、まるで日本でないような景色が広がります。丸く白い大きな石が、緑の芝にバラバラと位置していて、まるで芝生に羊が寝そべっているような、そんな雰囲気を醸しだしています。

車以外でのアクセスはちょっと不便かもしれませんが、ドライブには最高です。他にも鍾乳洞がいくつかありますので、鍾乳洞をはしごするのも良いかもしれませんね。

【施設詳細】

施設名:千仏鍾乳洞

住所:北九州市小倉南区平尾台3丁目2番1号

電話番号:093-451-0368

営業時間:平日9:00~17:00、土日祝日9:00~18:00

入道料金:大人800円、高校生500円、中学生500円、小学生400円