福岡の焼き鳥といえば「豚バラ」

このまえ、関東に住む親せきが博多に遊びに来たので、焼き鳥屋さんに行ったらビックリされたんです。

関東地方で焼き鳥といえば鶏肉ですが、福岡県民にとって焼き鳥と言えば、「豚バラ」ですよね。鶏肉でなくて豚肉ってことに、関東の人は違和感があるみたいですよ。

福岡県民にとっては、串に巻いて焼いてしまえば、全部焼き鳥ですよね。だから関係なさそうな豚バラが福岡では焼き鳥の定番メニューなのです。

それと、福岡の焼き鳥ではサービスとして(お通しとして)、塩だれがかかったキャベツが出てきますよね。これも福岡独特みたいですよ。キャベツと焼き鳥とお酒って、相性がいいのですよね。

話は変わって、「ダルム」という焼き鳥のメニューをご存知ですか?

ダルムは、「丸腸」のことです。久留米ではマルチョウの事を「ダルム」と呼ぶんです。

久留米には、久留米大学という全国でも名が知れた医大があります。医学用語はドイツ語がもとになっていることが多く、腸をドイツ語に訳すと「ダルム」です。

で、その医学生たちが丸腸のことを「ダルム」と勝手に読んだことが浸透したみたいですよ。

福岡の焼き鳥って、いろいろと特徴があるんですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です