肥後国・熊本のシンボル・熊本城の紹介

今回は熊本県の熊本城を紹介します。

熊本県といえば、地理的にも有名なのが日本最大級の阿蘇カルデラや中央部には今でも火を吹く活火山の中岳を持つ阿蘇山ですね。

古代から阿蘇の象徴として「火の国」とも呼ばれ、転じて「肥の国」、肥後国とも呼ばれています。

そんな熊本県の観光名所といえば、いちばん先に思い浮かべるのが熊本城ではないでしょうか。

熊本の観光といえば熊本市や周辺地域になりますが、訪れる観光客は年間を通じると平均6000万人を超えるともされています(熊本地震により一時的に激減しましたが・・・)。

熊本の観光の象徴である「熊本城」は、大天守や小天守の二つの天守閣があり、石垣は「武者返し」といわれる広大な城壁に囲まれているのが特徴です。近年では本丸御殿の完成で一層人気を集めて観光客も押し寄せているそうです。

ただ、2016年4月に発生した熊本地震によって、熊本城も大災害を被りましたが、お城や城下は現在復興が進んでいます。二の丸広場や加藤神社、その周辺から、天守閣や櫓等を見ることができます。

復興のシンボルともいえる熊本城の天守閣は、早期復興に取り組んでいるところですが、2019年春頃には外観の大部分が修復予定だそうです。

早く復旧した熊本城を見てみたいですよね。

【施設情報】

施設名:熊本城

住所:熊本県熊本市中央区本丸1-1

電話番号:096-352-5900

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です